Fumihiro Ono

BIOGRAPHY

Fumihiro Ono drums first his twelfth year. At the age of fifteen he began to attend regular classical drumming lessons. Afterwards he graduated Japanese college for music, "Showa University of Music"with Prof. Toshiaki Ishiuchi (A once solo Percussionist with the Yomiuri Symphony Orchestra Tokyo) not only the performance of Percussion he is interested also the composition of "Percussion music". He studied privately with the Japanese composer Hirotake Kitakata, so he composed many pieces for percussion ensemble, solo, and a few works for another Instruments.

 

Fumihiro Ono trommelt erster seinem zwölften Lebensjahr. Mit fünfzehn Jahren begann er ordentlichen Klassisches Schlagzeugunterricht teilzunehmen. Anschließend graduiert er Japanische Hochschulen für Musik,"Showa University of Music" bei Prof. Toshiaki Ishiuchi.(Ex-Solo Schlagzeuger beim Yomiuri Sinfonieorchester Tokio) Nicht nur die Aufführung von Schlagzeug sondern auch Komposition von "Schlagzeugmusik" hat Fumihiro Ono Interesse daran. Bei Japanischer Komponist Hirotake Kitakata lernte er privatim, sodass er bisher viele Stücke für Schlagzeug Ensemble, Solo, ein paar Stücke für andere Instrumente komponiert. 

 

千葉県出身。昭和音楽大学卒業。さらに研鑽を積むため渡独し、ドイツ国立フランツ・リスト ワイマール音楽大学の修士課程(Master of music)に合格、打楽器ソロをマークス・レオソン氏に、またオーケストラの打楽器をドイツ国立ベルリン藝術大学の教授陣のもとで学ぶ。ソロ、オーケストラ、吹奏楽、室内楽をはじめ、その他にも歌手や他楽器、画家、芸術家との共演などジャンルを問わず演奏活動は多岐に渡る。現在は芸術と打楽器の融合をテーマに、打楽器を用いた芸術活動にも力を注いでいる。演奏のみならず作曲も積極的に行い、2014年には自身のデュオコンサートにて『Resolution』~マリンバとビブラフォンのための~(野崎くらら×小野史敬 デュオコンサート)を初演。2015年には、『SYNONYM』~ビブラフォンと打楽器のための~(下村みずき×関聡デュオリサイタル) を委嘱するなど様々な演奏会のために楽曲を提供。その他にも打楽器アンサンブルを多数披露している。

 

 

 


Awards

2016年 

第14回 PASイタリア国際打楽器コンクール スネアドラム(C部門 最高年の部)にて第一位を受賞。

表彰式に行われた『Winner's Concert 』に出演し好評を博す。

 

2013年 

第11回 PASイタリア国際打楽器コンクール スネアドラム(B部門) 3位受賞。

 

 

 

 

2016

1st prize Snare Drum Solo.(Cat.C) 

14th PAS Italy Percussion Competition.

 

2013

3rd prize Snare Drum Solo.(Cat.B)  

11th PAS Italy Percussion Competition.